FullSizeRender 16

最近、お客さんと「この服、すごい可愛いですよね」って会話をすることが増えました。

子供服を売るのって難しい。

つくづく、そう思います。

一般的に、古着っていうのは、商品に対する価格が適正なら、置いとけば気がつけば売れている、というものです。

今まで、最低限のカテゴライズはしつつも、割とそういう感じで放置していたのですが、先日お伝えしました通り、もっと1点をちゃんと売りたいという欲が出てきまして。

売り場をガラッと変えて、この服はこれとコーデしたら可愛いかな?この服は1点だけで可愛いオーラが出てるなぁとか考えながら陳列しています。

僕がコレ可愛い!って思う服は一番前に。この服好きな人なら、こういうのも好きだよねってのも周りに並べて。

自分の感性で好き勝手しつつも、お店ですから、ある程度のカテゴライズ、まとまりは持たせなきゃいけない。でも、それを意識すると、まとまり、服種(ワンピースならワンピースだけ)だけの売り場になってしまいがちで。

常に、頭を悩ませて試行錯誤しています。

今までの陳列に慣れていらっしゃる馴染みのお客さんには「買いにくくなったね!」と言われてしまいますが。そうは言いつつも、しっかりとお目当のお洋服を見つけて買って行ってくださるのが、本当にありがたいです。

で、冒頭の話ですが、新品のお店なら、陳列はさほど難しくありません。

ワタクシ、こう見えましても、某大手企業でVMDディレクターみたいなことをやっていたこともございます。人の目の動きとか、目に入りやすい色の並びとか、見やすい高さとか、いろんなことを科学的に研究して陳列に生かす!みたいなやつです。

そこで培った経験が、全然活かせない笑

だって、全部1品ものなんだもん。

陳列技術においてはリピート(繰り返し。同じ服を何着も積み上げるアレです)が重要なんですが、そんな技術、一切使えません笑

じゃあ、どうやって売るのがいいのかって考えると、1点をとにかくフィーチャーしまくるのがいいんじゃないかなと。他の商品を売ることなど考えず、この1点だけ売れるように。Instagram(@kidskitayama)で紹介しているのは全部そういうアイテムですね。

そうすると、やっぱり商品に思い入れが湧きます。

誰が買ってくれるんだろうとワクワクします。

で、買ってくださると、思わず話しかけちゃうんです。

「この服、めっちゃ可愛いですよね!」って。

その服を着はるお子さんとご一緒だったら、合わせたところを写真に撮らせてもらったり。

店やってて幸せな瞬間です。

こういうアイテムを、もっともっと増やしていきたいですね。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です